シャンプーの種類や選び方について

ひと言でシャンプーといっても、いろいろな種類があります。
例えばオーガニック系などの自然派もあれば、化粧品メーカーなどから出されている香りや仕上げのテクスチュアに重点を置いたもの、また主成分が石けんといった最低限の成分しか使われていないものなどです。

それぞれ特徴があり、その時の髪の状態や気分に合わせて選び方を変えている人も多いのではないでしょうか。とはいうものの、成分によって髪や頭皮に与える影響も変わります。それぞれメリットやデメリットがあるため、大まかな違いを知っておくと選び方の参考になります。

まずオーガニック系のシャンプーですが、スキンケアなどにも使われることの多い成分で、最近は特に幅広い世代で人気です。
オーガニックというのは、そもそも化学肥料や農薬をできるだけ使わないよう、栽培された野菜などの農法のことをいいます。直訳すると有機栽培などを表わし、安心な天然素材がベースに使われているということです。

これはもちろん髪や頭皮にやさしいのはいうまでもありませんが、その反面オーガニック成分がほんの少量しか使われてなくても謳えるというのがデメリットです。商品裏の成分表示などを見て、ちゃんと確認してから買う方がいいでしょう。

安くて大量生産されているシャンプーは、値段的にはやさしいですが、髪や頭皮にとってはやさしいとはいえません。チェックせずに購入すると、石油系や鉱物油由来の洗浄成分がたくさん含まれていることが多々あります。
これらの成分は、安価で買い求めやすく、汚れ落ちは強いというメリットがありますが、大切な天然の保湿成分まで洗い流してしまうというのがデメリットです。

石 けんシャンプーについては、最も古くからある環境にもやさしい成分として、赤ちゃんにも安心して使えるというメリットがあります。その反面のデメリットと しては、洗浄力がほかのものに比べると少し弱いことや、指どおりをよくする成分が入っていない分、洗い上がりがきしみやすいことなどです。

それぞれの特徴を知ったうえで選び方を工夫すると、納得して使い分けられるのではないでしょうか。